日本で最も美しい村連合ロゴ

富永農園は、日本で最も美しい村連合を
応援しています

そおじミドリナンバーになりました。

     富永農園日記,       そおじ

4月10日から、

長野県上伊那郡の南部育苗センターにて、

育苗箱の運搬をしています。

 

【温室にて、発芽した育苗箱】

 

1台車に、満で 120枚入っています。

上の写真のボイラー温室が3つあり、

毎日約、6000枚から10000枚が出来上がります。

 

出来上がる前には・・・・・

 

 

 

【種籾を60度にて、10分間の温湯消毒】

 

 

 

【苗箱にスポンジを入れている所】

 

 

 

【モミ撒きと、土を掛けているところ】

 

【育苗箱を並べて、台車に乗せる機械】

 

 

 

【こんな感じです】

 

 

 

 

とまあ、一日6000枚から10000枚の

処理能力がある機械なので、

早い事早い事!

 

ビックリしました!

 

私の作業は、出来上がった台車の運搬でして、

(上の写真は、昼休みに撮影させていただきました)

 

毎朝、6時に1晩ボイラー室で、温めて芽が出た台車を、

トラック運転手の方達と、

シルバーの方達と、手作業で仕分けをして、

1箱でも狂いが無いか確かめた後、

20箇所以上ある、配達先に、運搬します!

 

【仕分け後に、台車を載せているところ】

 

 

【載せ終わり、荷止めしたところ】

 

 

【配達後、空になった台車の引き上げ】

 

上の写真は、駒ヶ根市、中沢。

 

中川村から、宮田村まで、配達しています。

 

 

【空の台車でもガチャにて荷止めします】

 

こんな風にして、5月の連休まで上伊那郡内を駆け回り、

お米農家の方の顔・技術・場所を覚えたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

     富永農園日記,       そおじ

コメント

  1. michiko より:

    この前は薪をありがとう。
    ソフトクリームも久しぶりにおいしかったよ。
    また家の前を通ったときは”プッププ〜”て鳴らしてってよ。(心春より)

    運転に気をつけて頑張って!!

  2. そおじ そおじ より:

    michikoさんへ

    今日は、駒ヶ根市内と、飯島だったので、通らなかったよ!

    五味家にも、中沢スタンドにも「プっ!」って、鳴らさせてもらうよ!

▲Top