日本で最も美しい村連合ロゴ

富永農園は、日本で最も美しい村連合を
応援しています

そおじサクランボの授粉頑張っています!

     サクランボ, 富永農園日記      そおじ

昨年より20日、例年より10日ほど早く、サクランボの開花が

「4月3日」に始まりました。

そして、4月10日に満開になり、皆で手作業で授粉作業を行っています!

【満開のサクランボの花】

こんなに早くて、心配なのが凍霜害!

今日までに、4回、23時~7時頃まで火を焚きました!

授粉は、18度以上24度未満(限界は28度~29度)の

環境が良いと教えて頂き、

風の強い時、気温が上がりにくいときは、

一昨年たけちゃと頑張って造った、

巻き上げ式ビニールハウスで、

最初はサイドを下ろし、それでも気温が上がらないときは、

上を少しだけ開けて対応しています。

(煙突のように自然の力を利用してます)

【この日は晴天!】

18度以上で、満開のサクランボの花(雄しべからが飛ぶとき)は、3日間ほどが、

授粉の適期!

2時間ほどで、花粉管が伸びだし、36時間(気温にもよる)で、結実すると言われています。

当農園では、佐藤錦(40%)と紅秀峰(55%)で、他に7種類の品種がありますが、

1本ずつ、授粉の樹を変えながらお花見授粉をしています(笑)

※サクランボの貯蔵花粉を、適期加えて行っています。

最後に、サクランボ狩りのご予約等の連絡を頂いておりますが、

まだまだ凍霜害や、整理落下により不安がありますので、

もうしばらくお待ちください。

G・W明けには、ご予約を開始予定です!

※ちなみに今年は、6月8日頃から、7月10日頃までを予定しています。

 

     サクランボ, 富永農園日記      そおじ
▲Top