日本で最も美しい村連合ロゴ

富永農園は、日本で最も美しい村連合を
応援しています

そおじりんご用に、モミ殻を運びました!

     2013/09/28   働く農機具紹介, 富永農園日記, 海外研修生日記,       そおじ

当農園の「自家用りんご」は、

昔ながらの、「モミ殻」に入れて、発送しています!

 

そのモミを、駒ヶ根市にある稲作の篤農家の

「中坪さん」から、毎年頂いています。

中坪さんは、10ha以上管理しており、

1000俵を、自宅横にある自然乾燥の建物で、

モミのまま保管し、一年間いつでも必要なときに、

玄米・白米にして出荷されているようです。

 

信州くだもの村でも、お米に力をいれ、

美味しいお米を作って、ワラを果樹園に入れて、

もっと美味しいくだものを作れたら良いなと夢見ています。

 

話はもどり、

モミ殻運搬は、

親父が手作りで作った、

トラックバン変身セットを使います。

 

平ボディのトラックが、

 

【こんな風ににして】

 

箱型にします。

モミは軽いですが、この量でだと、2tぐらいあります!

 

今年は4t自家用リンゴに使うため、

研修生達と、家のモミ殻保管場所にいれました

【今回は、2回運びました】

 

 

【昨年の様子】

 

ちなみに、モミ殻を運搬中は、上の写真のように、

シートをかぶせて運びます。

 

【モミ殻を下ろしている所】

 

下の地面は、一回草刈しておくと、出来上がったクン炭を、

すくい易いです!

 

【今年はテントハウスが出来たため、堆肥場で焼いています】

 

モクモクと、白い煙が立ち昇って、

まるで活動中の山みたいです!

 

 

追伸

大量のモミ殻を、

堆肥場で、灰まで焼いて

(ケイ酸が多いため)

 

堆肥と混ぜて果樹園・田んぼに撒けたら

良いなと夢見ています!

 

頑張って良い堆肥場を造りたいと思います!

 

 

 

 

 

     2013/09/28   働く農機具紹介, 富永農園日記, 海外研修生日記,       そおじ
▲Top