日本で最も美しい村連合ロゴ

富永農園は、日本で最も美しい村連合を
応援しています

そおじ消防旅行at東京!

     富永農園日記, 観光案内      そおじ

先週末、中川村消防団第3部の総勢18名、マイクロバスにて

消防旅行に行ってきました。

 

初日は、山梨のサントリーウイスキー

「白州」の工場見学に行ってきました。

 

実は、大学の友人「深澤雄一」がサントリー(東北)で

務めていることもあり、予約等々してもらい、

皆大満足の工場見学ツアーとなりました。

 

その後、浅草に泊まるということで、皆自由行動!

 

私は、浅草寺内のお店で、タイの研修生のお土産に、

「じんべい」を2着、息子用に「お祭り服」を買いました。

 

そして、築地で働いている大学の友人

「八木晋作」と一緒に、

ホッピー通りで、酒を交わしました。

時を忘れ、夕飯の時間に遅れ消防団の皆と合流!

 

 

また自由時間となったので、

晋作と飲もうと居酒屋を探していると、

 

あれ・・・

俺と嫁さんのキューピットになってくれた

「金子昌義」が!

 

とまあ、晋作が連絡を取ってくれていたみたいで、

埼玉から電車で来てくれました!

 

金子については、以前のブログで

http://nagano-kudamono.com/archives/785

 

 

今まで出会った中で

一番酒の強い「晋作」と、

一番酒癖の悪い「金子」

いやー酔いました!

最後は俺だけ水飲んでました!

参った参った!でもたのしかったー。

 

以前は、夢を語ったけど、今回は現実的な話をしました。

金子は、終電に遅れ、結局俺の部屋の床で寝てました。

 

でも流石農家!「仕事があるから」と、

始発で埼玉へ戻っていきました!

 

話は戻り消防旅行、2日目はなんと築地市場見学!

 

私は、嫁さん&チビ達と何度も築地市場を見学させてもらっているので、

銀座へ足を運んでみました!

たまには良いけど、コンクリートジャングルでの生活は、

無理だと悟りました。

 

「晋作」と、大学時代の思い出の味と言うと大げさですが、

前から食べたかった「とんこつ醤油ラーメン」を

二日酔いの胃袋に、流し込み、

コンクリートジャングルを通り抜け、築地市場へ向かいました。

 

消防旅行後に行われる「わらじ脱ぎ」用に、

「この金額でお願い」と晋作に頼んでおいた

「海の幸」がなんと、発泡スチロール大4つ!

そしてサービスにみかん1箱!

これを、市場の方達が使う最大積載量

2000kgの「ターレー?」ってので、

バス専用駐車場まで運んでくれました。

 

「おい こんなに!」

 

「すげー」

 

と、車内騒然!(疲れて寝ている人もいましたが)

 

皆?でありがとう!

 

晋作と別れ、車内でみかんを食べながら

「海の幸」の中身を見てまたまた

「すげー」

 

信州に戻り、今回いけなかった団員も呼んで、

大宴会(わらじ脱ぎ)が行えました。

 

山育ちの男には最高の、

ご褒美でした!

 

 

 

【宴会前】

 

 

 

 

【総勢20名で頂きました】

 

 

 

 

【炭火でカマを焼いたりしました】

 

 

晋作、金子、深っちゃん、ありがとう!

 

 

昨年の夏に行った農大の仲間で旅行!

http://nagano-kudamono.com/archives/1979

 

皆とまた笑顔で逢えるよう、仕事頑張ろっと!

 

 

追伸

今回カメラを持っていなく、宴会だけ写真をもらいました。

サントリーの工場見学、とってもおすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     富永農園日記, 観光案内      そおじ

コメント

  1. ぬけさく より:

    次は長野で(^O^)  

    楽しみにしとるらー!!

  2. そおじ そおじ より:

    ぬけさくさんへ
    いやーホント何から何までお世話になりました。次回は長野というのは、皆で集まるという事かな?
    ともあれ、家族皆でお待ちしてるんで、また来てちょうだい!

  3. ぬけさく より:

    皆で集まっても(>_<)  シャイなんで!恥ずかしいわ

    富永農園に行くって感じで!

  4. そおじ そおじ より:

    了解!
    久々に、ぬけさくさんと共にお世話になったキックボクシングジムのHPを見ました。言葉にできませんが、変な気持ちになり、「先輩達すげーな」、毎日自分に厳しく過ごしるんかなと、ふと思いました。ぬけさくさんの今後について、少しでも糧になるような会社を知りました。またお会いしたときに!

▲Top