日本で最も美しい村連合ロゴ

富永農園は、日本で最も美しい村連合を
応援しています

そおじ柿の苗木を、移植・挿し木しました。

     サクランボ, 市田柿      そおじ

 

今日も、

サクランボハウス建ての段取りをしていました。

 

1日中、パイプを1人ではこんでいるんですが、

合計数tを数km動かすのと同じなので、

ついに体が(特に肩がすれて)痛いので、

夕方、違う仕事をしました。

 

それは、柿の苗木をぬきました。

 

【抜いた後の種柿の台木】

 

これは、サクランボ準備園に、昨年植えた

種柿28本・市田柿28本のうちの1本。

 

見事に大きくなってくれました。

以前は苗木を植えても、鹿に食べられてしまい、

育つことが出来ませんでした。

 

サクランボ・リンゴ・他の果物の苗木も一緒です。

 

さて、上の写真のような種柿の苗のみ、

市田柿の枝を挿し木をして、植えることにしました。

 

元から市田柿の苗28本は、先日雨が降る前に、

定植してきました。

 

挿し木はこんな風にして、接ぎました。

 

【台木を切って、市田柿も鉛筆のようにして、くっ付けます】

 

そひ(葉脈)どうしがくっつく様にして、

テープで巻きつけます。

 

【巻き付けた後】

 

市田柿の枝も、適当に切って、癒合剤を塗ります。

 

 

そして、濡れないようにビニールを掛けて完成!

 

【軽トラ1台分になりました。

 

 

さてと、朝飯を食べて、植えに行って来ます。

     サクランボ, 市田柿      そおじ
▲Top