日本で最も美しい村連合ロゴ

富永農園は、日本で最も美しい村連合を
応援しています

そおじタイムリーな仕事!「田おこし・根っこほり」

ここ3日間、春のような暖かさのお陰で、

土が凍っていて出来なかった仕事を進めることが出来ました。

 

1つ目は、田んぼの荒起こし。

 

秋は、米の収穫後から、雨続きで出来なかった事と、

リンゴの収穫から出荷で、忙しく出来なかったので、

今年に入ってから、乾いていたので、何度も試したのですが、

凍っていて、刃がたちませんでした。

 

【父とポンサックが数十枚耕してくれました】

 

そして、リンゴの根も一緒で、チャンスをうかがっていました。

 

【残念ながら切ることになったリンゴの樹】

 

今年は、病気・老木・不人気の品種の樹を、

可愛そうでしたが、

家族で話し合って、きる事にしました。

 

(思い出があるので、研修生のポンサックに切ってもらいました)

 

株が残ってしまうので、我が家では、重機を使って掘り起こします。

 

 

株は大小関係なく、

暴風雨に持ちこたえてきた根はとっても丈夫なので、

ゆっくり周りを掘ってから株を抜きます。

(知っている方は聞き流して下さい)

 

小さい株でしたら、1回で抜けることもありますが、

大きい株はこんな感じになります。 

 

 

【重機もあっさり持ち上がります】

 

焦らず掘ると、綺麗に株ごと抜けます。

 

 

【こんな感じです】

 

 

【抜いた後】

 

 

抜いた後は、細かい根があるようだったら、拾い出します。

移植の際も、定植の際も、殆ど同じです。

 

 

 

 

【ビフォー】

【アフター】

 

【リンゴの株がこんなに抜けました】

 

明日から、また冷え込むので、また剪定を進めたいと思います。

詳しいことは昨年のブログ

http://nagano-kudamono.com/archives/759

 

 

 

追伸

働く重機?農機?

今回使ったバック(ユンボ)は、

私が小4の頃から使っています。

 

おもちゃが無かったので、お隣の崇君と一緒に

親父はこれを使わせてくれました。

 

株抜きも小6の時、親戚の家を建てる際に、

これで開墾もしました。

 

もちろん、ブルーベリー園

サクランボ園もこれが働いてくれました。

 

我が家の裏にある南面傾斜のリンゴ園

 

通称「開墾畑」

 

その名の通り

これは、私が母のお腹にいる頃、父が開墾したようです。

 

 

ポンコツですが、とっても愛着のある

私が一番良いと思うディーゼルエンジン

「クボタ」のバックの紹介でした。

 

ちなみにトラクターは

小6から小遣い稼ぎに乗り始めました。

トラクターの紹介はまた後日したいと思います。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

▲Top